1. TOP
  2. 研究内容・メンバー

研究内容・メンバー

研究内容・メンバー

丸尾らが開発してきたマイクロ光造形法をさらに進化させて、フェムト秒パルスレーザーと空間光変調技術を駆使した超高速ナノ光造形装置を開発します。この装置では、50nmの加工線幅の実現を目指します。

また、積層造形の根本的な課題である積層段差を極力低減した新方式の造形法として、光ファイバーを用いた超高精度3D光造形装置を開発します。この装置開発では、前川らが有する3次元形状モデリング技術を駆使して、あらゆる方向からの造形が可能な新規CADデータを生成するソフトウェアも開発します。

さらに、近年、丸尾らが提案・開発してきた光造形を基礎とする3D鋳型技術を用いて、高機能3Dセラミックス製品や3D人工臓器の開発も行います。人工臓器の開発では、福田らの独自技術である光硬化ゲルと丸尾らの3次元造形術を融合して、cmサイズの人工肝臓の開発を目指します。セラミックス製品の作製に関しては、地域企業と連携し、実用デバイスの開発を目指します。具体的な応用例の1つとしては、前田らの高度なロボット技術を駆使して、1mm以下の微小部品を高精度に操作するロボットマニピュレータの開発を目指します。

さらには、市販の光造形装置では実現が困難な1µm程度の加工線幅をもつ普及型3D光造形装置を開発し、本研究拠点のほか、神奈川県産業技術センターなどとも連携し、企業や大学等が普及型装置を自由に活用し、独自のアイデアで新たな高付加価値製品を製造できるオープン・イノベーションを実践します。

メンバー

氏名
フリガナ
所属部局・部門分野・職名 現在の専門・学位 役割分担等

丸尾昭二
マルオ ショウジ
工学研究院・
システムの創生部門・教授
3次元微細加工・
博士(工学)
SIP戦略的イノベーション創造プログラム「超3D造形技術プラットフォームの開発と高付加価値製品の創出」の統括、3次元加工技術の研究開発と応用

前川 卓
マエカワ タカシ
工学研究院・
システムの創生部門・教授
形状モデリング・
Ph.D.
3D-CADモデルの自由曲面スライス断面データ作成のためのソフトウェアの研究開発

前田 雄介
マエダ ユウスケ
工学研究院・
システムの創生部門・准教授
ロボット工学・
博士(工学)
ロボットマニピュレーション技術の研究開発

福田 淳二
フクダ ジュンジ
工学研究院・
機能の創生部門・准教授
生物工学・
博士(工学)
生体適合性ハイドロゲルを用いた人工血管、人工臓器などの形成に関する研究

Page Top

help desk for super-3D fabrication
Yokohama National University
Graduate School of Engineering, YNU
Cooperative Research and Development Center

Maruo Lab. (3D fabrication)
Maekawa Lab. (3D CAD)
Maeda Lab. (robotics)
Fukuda Lab. (Bio Microsystem, Regenerative medicine)