研究目的

超3D造形技術プラットフォーム研究拠点

  • 超3D造形プラットフォームの開発(3Dナノ造形,高精度・ハイアスペクト造形,3D鋳型)
  • 多様な機能材料(セラミックス、ポリマー、ゲルなど)を駆使した3Dマイクロデバイスの創出
    (マイクロセンサ・アクチュエータ,マイクロ・ナノマシン,ラボオンチップ,人工臓器ほか)
  • 産官学連携によるオープン・イノベーション
    神奈川県産業技術センター・川崎市産業振興財団・かながわ産学公連携推進協議会・横浜企業経営支援財団と連携
  • 公的試作ラボの開設・技術指導 → 高付加価値製品(医療、精密機械)の創出

サブμmからサブmmの加工線幅で自在に3次元微小構造を作製できる「超3D造形技術プラットフォーム」の開発を行います。具体的には、フェムト秒パルスレーザーを用いた次世代マイクロ・ナノ光造形装置の開発、光造形を基礎とする3D鋳型技術による高機能3Dセラミックス製品や3D人工臓器の開発などを行います。
また、市販の光造形装置では実現が困難な1μm程度の加工線幅をもつ普及型3D光造形装置を開発します。そして、企業や大学等が普及型装置を自由に活用し、独自のアイデアで新たな高付加価値製品を製造できるオープン・イノベーションを実践します。


ページの先頭へ

超3D造形技術に関する技術相談受付
横浜国立大学
横浜国立大学大学院工学研究院
共同研究推進センター

丸尾研究室(3D造形)
前川研究室(3D CAD)
前田研究室(ロボティクス)
福田研究室(バイオ・再生医療)