SIP革新的設計生産技術「超3D造形技術プラットフォームの開発と高付加価値製品の創出」

研究背景

光造形の特長
光硬化性樹脂を用いて数100nm~数100cmサイズの3Dモデルを自在に作製
従来法の課題
  1. マイクロ・ナノ光造形の高速化・高分解能化
    集光スポットサイズによる加工線幅の制限、感光材料感度による描画速度の限界(数mm/sec)
  2. 積層段差による加工精度の限界 積層方向には積層段差が発生
  3. 適用材料の限界
    感光性樹脂材料のみ利用可能

目標

  • 所望形状に応じて加工線幅を自在制御
  • 造形時間を従来法の1/10以下に短縮
  • 全方位型造形による高精度な3D造形の実現
  • 多様なセラミックスを用いた機能デバイスの創製
  • 生体適合ゲルを用いた人工臓器の作製(cmサイズ)

波及効果

医療、フォトニクス、MEMSなどへの応用に期待

実用化・事業化に向けた戦略、推進体制

超高精度・超高速マイクロ・ナノ光造形と鋳型技術を基盤とする超3D造形プラットフォーム(横浜国立大学)を構築

普及型3D造形装置の開発と公的支援機関との連携(神奈川県産業技術センター)への設置・活用

地域企業や大学との連携による高付加価値製品(医療、フォトニクス、MEMS)の創出

ページの先頭へ

超3D造形技術に関する技術相談受付
横浜国立大学
横浜国立大学大学院工学研究院
共同研究推進センター

丸尾研究室(3D造形)
前川研究室(3D CAD)
前田研究室(ロボティクス)
福田研究室(バイオ・再生医療)